不動産の売却と住み替えについて

私は仕事柄引っ越しが多く、大体の理由は、転勤、転職です。

引っ越しをする際には、毎回インターネットを利用し、
安い所を選ぶのですが、選び方にも比較的コツがあります。

例えば、引っ越し見積もりの比較サイトに登録をすると、
一時間もしない内に、多数の引越し業者から電話がかかってきますので、
その際に、1件目は必ず少し考えますといって、折り返しにします。

この時、必ず、だいたいどの程度の費用がかかるのかを聞いておき、
2件目の引っ越し業者には、1件目の業者の費用を言い、
それより安い見積もりを提示してもらいます。

此のようにして、可能な限り安値を目指し、値切り交渉をしていくと、
経験上、おおよそ、インターネットで調べる最安値の提示金額より安くなります。

また、値段だけでなく、引越し日の相談や、その他の要望に答えて頂けるのか否かで、
さらに業者を絞ると良いでしょう。

財布から出す出費は最小限に抑えよう

わたしは現在ヴィトンのベルニの長財布を使っています。
値段は7.8万円くらいしました。こちらは当時の彼にクリスマスと誕生日プレゼントとして買ってもらいました。
長財布は大きいですが、容量がたくさん入るので私は好きです。

レシートやカード類の量がとても多いので助かります。
かれこれ8年くらい使っており、角の方は痛みが激しいです。

また色はホワイトを買ったのですが、購入後まもなく焼けてしまいすぐにクリーム色になってしました。
そしてしまいには一部赤ずんできてしまい、ホワイトが可愛くて購入したのに、その可愛さは全くなくなってしまいました。

また、ボタンも少し弱くなっています。
しかしかなり長く愛用しています。何年かぶりに会った友達にも、まだそれ使ってたんだ〜!と言われてしまいました。
メンズ財布 人気としての使い勝手は気に入っています。

少し重く大きいですが、丈夫でたくさん入ります。札入れのところにもカード用ポケットがあり、
さらに一番手前にもカード用ポケットがあるので、使用頻度に応じて場所を分けたりしています。

一番のお気に入りポイントは札入れの向こう側にポケットが付いているところです。
ここは一番奥で財布を開いても中が見えないポケットです。

なので普段はあまり使わないけど大切な物などをしまうのに使っています。
市販の全ての長財布にあるわけでなので、私にとってはとっても貴重なポイントです。

また今後財布を買い替える時もこのポケットある長財布を選びたいです。
次はシャネルの黒の長財布を狙っています!

私の場合は、単身で、荷物が少ないため、
同じ県内での引っ越しであれば、費用は1万円を切ります。

更に安くしたい場合には、自分で荷物をダンボール等にまとめ、業者の方には、
運びだしてもらうだけにする等工夫すれば値切りできる可能性があります。

また、参考と致しまして、関西~中国地方の引っ越しで、1万5000円で作業してもらった事もあります。

幸い引っ越しに際しまして、トラブルが発生した事はありませんが、
気をつけておきたい点と致しまして、パソコンや、大事な書類等は、自分で運ぶ事です。

パソコンは、HDDだけでも抜き出しておけば、振動などによる損傷も大分防げるかと思います。
どうしても業者に運んでもらう場合には、
しつこすぎるぐらいには、丁寧に扱う様に言っておく事が重要です。

引っ越しに適した時期と致しまして、経験上、7月〜8月等は、がらがらの為、
値段交渉時かなり有利な条件をつけることが可能と考えます。

逆に、年末年始、新卒シーズンは値下げ交渉どころか、
引っ越しのスケジュールを入れる事も難しい状態となりますので要注意です。

尚、引越し業者によりましては、家電などの中古引取を実施している所が多くありますので、
それらを活用すると、引越し費用の足しになります。

例えば、私は、引っ越しの度に洗濯機を処分するのですが、
インターネットで購入した2万円程度の機種でも、引き取ってもらえました。

ただし、お金にはならず、0円引取と言う形になりました。
もう少し悪いケースの場合は、かなり型落ちしている物品の場合は、
逆に処分費用が掛かりますが、実際に家に入って持ち運びから回収まで全てを行って頂けます。

値段はともかく、態度やサービス等は判断が難しい点になってきますので、
よく業者とお話をし、少しでも良い所を選べるとベストです。

引越し前にしておくことと引越し後にしておくこと

引越しは人生で何度か経験するであろうものです。
今まで住んでいた場所から知らない場所、
初めての場所で住むということは思っているよりも大変なものです。

そんな引越しですが、やることはたくさんあります。
もちろん部屋探しや荷造りなどはあたりまえですが、
引越し前と後に絶対にしておくべきことが何点かあります。

これをしておくかしておかないかで、後からのリスクなどが軽減できるのです。
まず、引越し前ですがよく部屋を見ておくことが大事です。

それは水漏れがないかとか傾きが無いかとかだけでなく、大事なのは隙間です。
隙間は本当に厄介なものです。
何が厄介かというと虫や寒さ暑さを招く原因でもあります。
特に虫はミリ単位で侵入してきます。

なのでシンクしたの隙間、玄関ドアの隙間もチェックし、
コーキングなどして隙間を塞いだりすることが大事です。

これは引越し前にあらかじめ見つけておかないと、
いざ部屋に荷物などを入れてしまうと見つけにくくなります。

なので引越し前に隙間を見つけることが大事です。
更に引越し前にしておくべきことが、賃貸の場合ですが、部屋の傷や不良を探すことです。

もちろん不良が多ければ住むこと自体変更するかもしれませんが、
そこまででもないものを見つけるのです。

例えば壁の傷、フローリングの傷、壁紙はがれなどです。
こういうのは結構引越し前で前の人が綺麗に掃除をしていてもあるものです。
こういうものを見つけて、あらかじめ写真などで残しておきます。
大きいものは特にです。

傷や錆、変形などは自分が住んでからのものではなく、
元々あったものという証拠を残しておかなければ、
ひどい状態ならば原状回復義務を負わされることがあります。

これも引っ越したあとでは前からあったのか、
自分で付けたのかわからなくなってしまうので引越し前に済ませておくことが大事です。

更に、引越し後にしておくべきことがあります。
それは近所の散歩です。
ただの散歩が何が大事なのかわからないかもしれませんが、これが後から効いてくるのです。

例えば散歩することで近所の人がどういう人なのかもわかります。
どこにポストがあり、どこに避難場所があるかもわかります。
こういうことは早めにしておかないといざという時になって、しておけば良かったと思い後悔します。

引越し直後にしないと意味もないことです。
引越しで大事なのがその環境に早く馴染むことです。
そうすることで自分に抱えるストレスも早くに開放することができるのです。

不動産業者には、大手業者と中小業者の両方があるわけなんですよね。
このうちどちらを選ぶのが得策なんでしょうか。

結論を先に言ってしまえば、家などの資産を売却するのに、業者の大小はあまり関係ありません。

現在では、不動産業者は「レインズ」という物件情報検索システムに登録をしています。
レインズには、基本的に全ての売却物件が登録されています。

レインズは、大手業者であろうと、中小業者であろうと、同じように検索することができます。
ですから物件の情報量について、大手と中小で、異なることはまったくないということなんですね。

むしろ宣伝活動が重要

ただもちろん、レインズに登録するだけで、物件の買主がすぐに見つかるわけではありません。
家を売る、不動産を売却するというのは、そんなに簡単なことではないのです。

それよりはむしろ、新聞の広告やチラシ、ネットのホームページ利用、オープンハウスやオープンルームの企画など、家を売るための宣伝活動にどれだけ力を入れるかが、重要になります。

ですからこれら宣伝活動を、どれだけきちんとしてくれるのかを、不動産業者に確認することが重要になってくると思います。

※参照元:【家を売るなら 】売却時の3大ポイントと値下げのコツ